第13回:敷くだけで音が良くなるって、本当!?

ゴンさ〜ん、ご存じですか? オントモ・ヴィレッジOnline Shopでは12月10日まで「音質向上キャンペーン」を実施中なんですよ!

いやいや何にも聞いてないよ、秋の全国交通安全運動なら知ってるけど。あっしには関わりのないことで御座んす

そないないけず言わんと、キャンペーン対象商品のレイヤーフェイス・ボード・インシュレーター無垢オーディオボードの効果を、検証してみておくれやす。

 

 

 

 

 

連続テレビ小説「わろてんか」ですか。私は「アシガール」のほうが好きなんですけど。まぁ、それは置いといて、オーディオのアクセサリーは、使う環境や機材によって効果があったりなかったりするので、なかなか取り上げるのは難しいですよ。拙宅の環境で良ければ試してみましょう。

くぅー、栞サマの素敵さを熱弁したいところですが我慢……。それにしても、どんな効果があるか、ドキドキものです。だいたいインシュレーターって何ですか? 直訳すると絶縁材

オーディオシステムの大敵の一つに、振動があります。コンポが置かれているラックや床からの振動をいかに防ぐか。コンポ自身の振動をいかに素早く減衰させるか、または床に逃がすか。これを助ける働きをするのが、インシュレーターです。

そうすると、オーディオボードインシュレーターなんですか?

オーディオボードインシュレーターの仲間で、コンポを面で支える場合にボードと呼びます。

へぇー。インシュレーターの素材は、木以外にもあるのでしょうか?

素材はさまざまです。床に振動を逃がす役目を果たすのは、メカニカルアースとも呼ばれ、金属やセラミック、人工大理石などの硬い素材を使い、円錐形に先端を尖らせたスパイクを使います。ガタを嫌って4点支持よりも3点支持のほうが人気があります。メーカーも3点支持を採用して、純正の脚がスパイクというパワーアンプもあります。

 

これに対して、3点支持で、スプルース単板とカエデ材を使った、木の脚をもつパワーアンプもあります。硬い金属ではなく、柔らかい木の響きを活かしたインシュレーターで、楽器的な考え方ですね。もっと柔らかいゴムや空気を使ったインシュレーターもありますよ。

空気! クルマのエアサスペンションみたいなものですか? なんだかフワフワしそうですね〜。

そうですね、こちらのアナログプレーヤーは、トーンアームターンテーブルを空気でフローティングしています。

おぉ、すごい、浮いているのですね。これならLPレコードを聴いているときに、スイーツを取りにキッチンまで歩いて行っても、針が飛びませんね!

アナログプレーヤーは振動に弱かったので、さまざまな方式が製品化されました。テニスボールみたいな脚もありましたね。

それでは、いよいよロシアンバーチを縦目に使ったレイヤーフェイス・ボード・インシュレーターを使ってみましょう。日本で唯一、ロシアンバーチ(白樺)を扱うテツヤ・ジャパンにStereo誌が製作を依頼した製品ですね。

 

内部にモーターをもつCDプレーヤーに使うのが常道ですが、私はUSB/DACの下に敷きました。DACの脚は通常のゴム脚で4点支持です。試聴はハイレゾ音源を使い、アンプは真空管アンプ・キットTU-8200」のコンデンサーと抵抗を高音質部品に交換したもので、真空管はJJ/6L6CGを使っています。スピーカーはIshida modelです。

 

左からレイヤーフェイス・ボード・インシュレーター(2本組み)、無垢オーディオボード ブラックウォールナット、無垢オーディオボード ハードメイプル。

 

無垢ボードには木工房アクロージュ・ファニチャーの焼き印が押されている。

ちなみに、ここではあえて振動の影響を受けやすい真空管アンプを使っているんですよね、単なる真空管キット自慢じゃないですよね、ゴンさん?

実は、300Bシングルのキットも完成したところで、これが整流管を使った直流点火で、出力管用のハムバランサーも……

おっととと! そのお話はまたの機会にしてもらって、ボード・インシュレーターの試聴結果をお聞かせよし!!

はいはい、手嶌葵「I Love Cinemas -Premium Edition- / Calling You」(96kHz/24bit)を聴くと、S/N感が向上して、ボーカルがよりセンターにフォーカスして音量が上がったように聴こえます。瑞々しい音で、キツイ部分が柔らかくなります。振動に強そうなイメージなDACですが、意外に効果ありました。副作用がないので、女性ボーカルをよく聴く人に試して欲しいですね。

 

レイヤーフェイスとは、ロシア白樺耐水合板の積層部を表面にした集成材。模様が美しい。

効果があって良かったです。もっと効果がありそうな真空管アンプではどうですか?

同じような傾向ですね、S/N感が向上。音像定位は良くなるという効果がありました。しかし、変化の度合いは、アンプよりもDACのほうが大きいと感じました。

えっ、それは予想外ですね、真空管アンプ、結構振動に強いのかしら。では、いよいよ無垢オーディオボード ハードメイプル(受注生産/48,000円)を試してください。

Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends「BUONO!! BUONO!! / THEME FROM LUPIN III 2015〜ITALIAN BLUE ver」(48kHz/24bit)を聴きます。中低域の厚みが増えて、歯切れも良くなりました。音が前に出る。響きが増えた感じ。スピード感も出ますね。先ほどより、さらに効果があります。ボードを敷くだけで、こんなに音が変わるとは思いませんでした。

このボードは、無垢スピーカーIshida modelを作った木工房アクロージュ・ファニチャーStereo誌のコラボ企画第2弾なんです! 代表の岸さんは、木の話をするときは目をキラキラさせて、とても熱心に私たちの要望に応えてくれたんですよ。

10月29日〜11月3日までの「神楽坂まち飛びフェスタ」に向けて、アクロージュ・ファニチャーの岸さんがご自宅用に制作したオール無垢材のラック一体型スピーカー。若かりし頃に夢中になったという岸さんのオーディオ熱を刺激してしまったようです。デザインも音も小社で大好評。

職人気質なのですね。好きなことの話は尽きない……その気持ち、わかります。で、ハードメイプルは、真空管アンプの下に敷いた場合には、低音の量感が豊かになりますね。重心が下がってきました。音色はウォームで、女性ボーカルはやや明るい感じです。

では最後に、無垢オーディオボード ブラックウォールナット(受注生産/50,000円)ではどうですか?

Ishida modelと同じブラックウォールナットですね。DACの下に敷くと、ウッドベースの量感が増えます。中低域の厚みに効果的ですね。力強い音。サックスはややおとなしくなるかな。女性ボーカルは高域に透明感があって美しいです。音色はややクールになりますね。真空管アンプの下に敷いても同じような傾向です。ハードメイプルより渋い音、いぶし銀のような感じです。

 

森恵「Re:Make1、Grace of the Guitar、COVERS Grace of The Guitar+ / 残酷な天使のテーゼ」(48kHz/24bit)の1分40秒過ぎから、2台のギターの掛け合いになりますが、この音色がいいですね、痺れます。いままでは高域がチャラチャラした安物のギターでしたが、ブラックウォールナットを敷くと響きがリアルな高級ギターになりました。

やっぱり木の材質によって、音の傾向も変わるんですね〜。ゴンさんはどちらがお好みですか?

せっかく2枚あるので、DACの下にハードメイプルを、アンプにはブラックウォールナットを敷いてみました。Yuji Ohno & Lupintic Five with Friends「BUONO!! BUONO!! / THEME FROM LUPIN III 2015〜ITALIAN BLUE ver」(48kHz/24bit)では、キレの良さとウッドベースのふくよかな低音が両立されますね。音量を上げてもうるさくなりません。

 

ほぼ10万円のペアですが、ケーブルを買うよりも、モノとしての所有感が満たされます。

 

真空管アンプTU-8200が小さく見えるフルサイズ対応の無垢オーディオボード。サイズはW485mm×D440mm。厚さ22mm。

確かに2枚使うのもありですね。さらにスピーカーの下にも敷くといいと思います!(ギラギラ)

そう思って試してみました。白樺(ロシアンバーチ)はS/N感が向上して、ボーカルがクッキリしますね。高域は落ち着きました。

ハードメープルでは、さらにS/N感がよくなり、細かい響きがよく聞こえるようになります。粒立ちがよくハッとするほど生々しい音になります。音色はやや明るく、高域は少し鋭くなります。

ブラックウォールナットは、落ち着いた音で、ややダークな音色になりました。落ち着いた感じです。しっとりとした大人のボーカルですね。

どのコンポの下に敷いても効果があって、良かったです。ブラックウォールナットは渋めの音だったんですねー。音の好みによって素材が選べるオーディオボード、敷くだけというシンプルさが、ビギナーにも優しいですね。

面積の広いボードなので、ベテランならコンポとの間にさらにインシュレーターを挟んで自分好みの音を追求できますね。立派な無垢板なので、ハイエンドモデルとの相性も抜群です。

仕上がりは、さすがの無垢材の扱いに長けた家具工房だけあって、肌触りもよくて美しいですよ! 上質感ありますよね。音が良くなって、インテリアとしての見栄えも両立……う〜ん、我が家にも欲しいけど、出世したら買います!

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   

category01.png

fb.pngtw.pnginsta.pngyt2.pngRSS2.png

OV_top.jpg

EC_top.jpg

02.png

03.png

Stereoblog.png

musimegane.png サイト内で検索する

profile.png プロフィール

音楽之友社が運営するWebマガジン「ONTOMO」のブログ。音楽/オーディオ雑誌発のこだわりの限定品や、情報を発信します。

categoryies.png カテゴリー

selected entries.png 最近の投稿

archives.png アーカイヴ

carender.png カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

iphone.png mobile

qrcode